メンズ用のシルバーアクセサリーについて|クールに決めよう

オシャレに収納力アップ

素材によって異なる特徴

バイク

バイクの収納は、初期の状態では絶望的に少ないのが通常です。かといってリュックなどを背負って運転するのは非常に危険でもあります。そのため、サイドバッグやシートバッグなどを利用して収納を増やすわけですが、選び方には様々なポイントがあり、注意点もあります。サイドバッグはリヤシートの左右につけるもので、基本的に取り外ししません。そのため、樹脂製のサイドケースと呼ばれるものを購入時につける人も多くいます。樹脂製のものは、丈夫であること、インテリアとしてなじむこと、雨に強いことなどです。ただ少し高いのが難点で、取り付けにもかなりの費用がかかります。そのほかは布製のもの、革製のものがサイドバッグとして一般的です。布製のものは安い、軽い、折り畳みできる、汎用性が高いといったメリットがあります。ただ耐久性は低く雨にも弱いので、長く使うのは難しいかもしれません。革製のものは耐久性が高い、独特の風合いを楽しめるといった点がメリットですが、雨には弱く少し重たいのが難点です。それぞれ一長一短あります。またサイドバッグに関しては通販やカタログを見るのではなく実際に店頭に行き、店員とも話をしながら買うのがおすすめです。バイクの形や雰囲気によってもおすすめのものは変わりますし、何より使ってみた感覚が体験できるという魅力があります。特にサイドケースとなると高価なので、大きさを確かめたり、使い勝手のよさを聞いたりして判断すると良いでしょう。

目的によって選ぼう

鞄

サイドバッグには、たくさんの素材やメーカーなどがありますが、用途や乗っているバイクによって選ぶバッグも変わってきます。サイドバッグの素材は主に革製のものとナイロン製のもの、プラスチック製等のハードタイプの3つがあります。スポーツタイプのバイクに乗っている方は、ナイロン製のものやプラスチック製のハードタイプのものを装着する方が多く、クラシックタイプやアメリカンタイプのバイクを乗っている方は革製のものを装着する場合が多いです。これは見た目が大きく関係しています。また、バイクを使用する際に荷物をあまり運ばない方は小さいタイプのサイドバッグを、荷物を運ぶ機会が多い方は大きめのサイドバッグを選ぶ傾向にあります。使用しているバイクによっては、サイドバッグを装着できない場合もありますので、購入の前にしっかりと確認をしておきましょう。山道等ホコリや砂の多い所を走る事が多い方はハードタイプのものがお勧めです。他のタイプのものより中の荷物をホコリ等から守る事に優れているからです。通勤等で雨の時もバイクを使う事がある方は、防水加工をされたものかハードタイプのサイドバッグが良いでしょう。このように、乗っているバイクや用途によって適したサイドバッグがありますので購入の際には自分に合ったものを選びましょう。バッグのメーカー選びで迷っている方は、保証期間が長いところを探しましょう。購入後に何らかのトラブルが起こったときも、保証期間内であれば取り換えや修理ができるからです。

適正な価格を把握しよう

男の人

普段、移動手段としてバイクを利用している人にとって、荷物を如何に効率良く運ぶべきか、悩む事があると思います。タンクバッグだけでは収納出来ない場合は、サイドバッグを検討すると良いでしょう。サイドバッグは、バイクの片側あるいは両側に設置して使います。積載重量によっては片側だけではバランスが取りにくくなる為、両側に設置する事を勧められるケースがあります。サイドバッグを使いこなせれば、かなりの荷物をバイクで運ぶ事が出来るようになります。サイドバッグの価格は、片側タイプか両側タイプかによって大きく異なります。また収納できる容量によっても、価格は変動します。同じ容量で片側タイプと両側タイプのサイドバッグを比較した場合、価格差はおおよそ2倍程度となります。具体的な数字で説明しますと、片側タイプで10リットル収納できるサイドバッグで約5千円から1万円くらいです。片側タイプで20リットル収納の場合ですと、1万円から1万5千円くらいが相場となっております。お勧めは、防水機能のサイドバッグです。バイクで移動中に雨が降ってきたり、どうしても雨の中を移動しなければいけない時でも、安心して運ぶことが出来ます。また、評判の良いサイドバッグのカラーはブラックが多いです。これはどのバイクにもフィットする上に、上質で大人の雰囲気を与える事が出来るからです。さらにツーリングを楽しむ人たちには、サイドバッグにボトルホルダーが付いているタイプも人気があります。