メンズ用のシルバーアクセサリーについて|クールに決めよう

ブレスレットなどを選ぼう

モチーフ使いが印象的

男性

メンズ用のシルバーアクセサリーには、特定のモチーフを起用した品が多く見られます。メンズ用のシルバーアクセサリーに非常に多いのが、クロスやスカルのモチーフです。女性向けの商品と比較すると、メンズ用のアクセサリーはこのようなモチーフが取り入れられる率が高くなります。クロスやスカルのデザインは、ファッション業界でも特別な意味を持つモチーフとして扱われます。欧米では、このようなモチーフは死を意識させるものとして捉えます。常に死を意識することで、現世を楽しむ、という少し逆説的な意味合いで起用されているのが、クロスやスカルのデザインです。メンズ用のシルバーアクセサリーを発売するブランドでも、このようなモチーフを取り入れた商品を多く取りそろえています。少しハードなイメージがあるシルバーアクセサリーに、クロスやスカルのモチーフを取り入れると、かなりクールな印象を与えることが出来ます。デニムをベースにしたカジュアルスタイルとの相性も抜群で、オシャレなスタイルが決まります。シルバーアクセサリーは、季節を問わず身につけられる便利さがあります。ネックレスやリングなどは、色々なコーディネートに活躍してくれる1品です。お気に入りのブランドがある男性に、メンズ用のシルバーアクセサリーをプレゼントしてみるのも、時に効果的な演出です。オシャレな男性への贈り物には、シルバーアクセサリーのブレスレットなども、好適品です。

お手入れが重要

シルバーアクセサリー

メンズのシルバーアクセサリーは、男らしさを引き立て女性の好感度を上げてくれます。しかし、扱い方を間違えてしまうと、逆効果になる事もあり注意が必要です。例えばシルバーアクセサリーには指輪やネックレス、ブレスレット、眼鏡など様々ありますが、一度に多くのアクセサリー付けてしまうと威圧感を与えてしまいます。またデザインが派手すぎるのも好感度を下げてしまう可能性があります。シンプルなデザインのものを1〜2個程度、誇張しない程度に装着する事で女性に好感を与えやすいです。またシルバーアクセサリーは汗をかいたり、装着したまま温泉に入ってしまうと、酸化し黒ずみがついてしまいます。黒ずみが付くと、メンズシルバーアクセサリー本来の輝きが失われるだけでなく、相手に不潔な印象を与えてしまいます。その為黒ずみを予防するため、装着後は軽く水洗いし、専用の布でこまめに磨くとよいでしょう。また使用後はチャック式のビニール袋に入れておくと、空気に触れにくく黒ずみが起こりにくくなります。汚れがとれない場合は、専用の洗浄液がありますが、使用には注意が必要です。もともと、燻んだような加工をしているメンズシルバーアクセサリーでは、洗浄液を使用する事で、その加工が取れてしまう可能性があるからです。燻された加工のあるシルバーアクセサリーは、全体の汚れを落とし、仕上げに布で丁寧に磨いてあげるだけで十分です。メンズシルバーアクセサリーは扱い方に気をつけていれば、相手の印象をグッと変えることができます。

銀の特徴とお手入れの仕方

アクセサリー

銀色の光沢が魅力のシルバーアクセサリーは、メンズ・レディースを問わず幅広い年代に愛される人気アクセサリーです。特にメンズシルバーはデザインも豊富で、男性のお洒落に欠かせないアイテムです。シルバーアクセサリーは貴金属の中でも化学変化が起きやすく、空気中に含まれる硫黄成分に触れると、徐々に黒く変色していきます。変色が始まると光沢が失われてしまうため、毎日の簡単な手入れや正しい保存を心掛けましょう。一番簡単なお手入れは専用クロスで磨く方法です。専用クロスには微粒子研磨剤とツヤ出しのワックスが含まれており、軽く丁寧に磨くだけで見違えるほど綺麗になります。手軽に購入できる100円雑貨のアクセサリー用クロスでも効果に遜色はありません。変色が激しい場合は、専用クリーナーでの手入れが最適です。ネックレスなど磨きにくいものは、液体クリーナーに10秒ほど浸けるだけで簡単に黒ずみが除去できます。スプレーや乳液タイプは、クロスと同じく微粒子研磨剤を含んでおり、変色部分を直接磨きたい時に使用しましょう。ただしクリーナーは強力な洗浄剤なので、メッキ加工や酸に弱い石をはめ込んだものなど、使用に不向きな素材もあります。加工のあるアイテムの手入れには、綿棒などで加工部分や石を避けて磨くようにして下さい。洗浄剤をよく拭き取った後は、手入れ後の状態をできるだけ維持するように、袋などに入れて保存します。空気をしっかり抜いてから密閉するようにしましょう。布などに包み、小分けして入れるなどの一手間で傷の防止になります。多種多様なメンズアイテムの中でも身に着けやすく、長く愛用したい大切なシルバーアクセサリーだからこそ、こまめなお手入れで輝きを守ってあげましょう。